ギターのえらびかた.com

※当サイトはプロモーションを含みます。

SQUIER Classic Vibe Tele Custom

スポンサード リンク

メーカー
種類
タイプ
ネック メイプル
カラー 3カラーサンバースト
ボディ アルダー
指板 ローズウッド
ピックアップ カスタムシングルコイル×2
コントロール 1ボリューム、1トーン、3WAYスイッチ

人気バンドも使用していたギター

抜けが良くて、なおかつ芯のある太いきらびやかなギターサウンドが欲しいのであれば、間違いなくテレキャスターの右に出るギターはないと言っても良いでしょう。テレキャスターといえば、ストラトキャスターやレスポールに並ぶ人気のギターです。世界をまたにかけて活躍するトップギターリストが利用しているあの独特なフォルムが魅力的。

日本人ギタリストだと元boowyの布袋寅泰さんが利用しているギターとして有名です。元judy and maryのtakuyaさんが使用していたギターとしても一世を風靡しました。そんなテレキャスターをエントリー価格でリリースしているのがスクワイヤのギターです。価格帯は5万円前後となっており、初心者の最初の一本としてもオススメ。上級者のセカンドギターとして検討してみるのもいいかもしれません。

ギターの構造からサウンドまで

ボディーにはアルバーをチョイスしており、ネックにはメープルをチョイスしています。指板には ローズウッドをチョイスしており、材質に関してはハイクラスのエレキギターと比べても特に大きな差は見られません。コントロールに関しては1ボリューム1トーンと、いたってシンプル。

ピックアップはリアとフロントに一つずつついており、3段階方式のピックアップセレクターで素早くサウンドの変更が可能です。リアのピックアップを選択した時の音の硬さは特徴的で、我々が日頃から耳にしている テレキャスターの「あの音」そのものです。

フロントのピックアップを選択すると、テレキャスター特有のジャキジャキとしたサウンドはそのままに、ふっくらと丸みを帯びた丸いトーンになります。チューニングの安定感もしっかりしているので、弦交換がスムーズです。エントリー価格のギターの弱点として挙げられるのは、ネックの弱さやチューニングの不安定感です。ですが、このテレキャスターならばその辺りの弱点はクリアしてくれています。

メインギターとしてステージ上で使うのはもちろんのこと、自宅録音で音楽制作を楽しんでいる人には重宝することでしょう。特に、コンポーザーやアレンジャーをやっている人にとっては一本所有しておくと便利かもしれません。コンポーザーやアレンジャーの場合は、さまざまなサウンドをクライアントの要望に応えて使い分けなければなりませんから、ストラトキャスターやレスポールのギターサウンドが楽曲にマッチしない時には、テレキャスターを利用すると音楽制作の幅が広がるでしょう。

スポンサード リンク

関連記事一覧

関連ギター一覧

  • GIBSON J-45

    L5やES-150と言ったブルースサウンドに合うギターが誕生する中で、今でもアコースティックギタ

  • TAYLOR 312CE

    ここ数年で世界中のミュージシャンから愛用される事が多くなったTaylorギター。日本ではギター奏

  • MORRIS F-90

    MORRIS F-90はMORRIS社が製造しているアコースティックキターで、同社が展開している

  • PLAYTECH EAC-100

    驚異の価格帯でコストパフォーマンス抜群のアコースティックギターが届きました。アコースティックギタ

  • FENDER Danny Gatton Signature Telecaster

    「無名であるが偉大なギタリスト」と称され、カントリー、ブルース、ジャズ、ロカビリー等を弾かせると

  • AXL GUITARS AL-1090

    今回は、個性的なエレクトリックギターを数々生み出しているアメリカのギターメーカー、AXL GUI

  • YAMAHA Pacifica212VQM

    エントリークラスのエレキギターといえば価格帯がリーズナブルなかわりに音色のクオリティーは今一つな

  • ARIA AGU-160

    この機種はいわゆる「ギタレレ」という物ですね。ウクレレサイズのボディーやネックに弦が6本張れるよ

  • AXL GUITARS AS-820

    ギタリストならばいつかはヴィンテージ感のある使い込まれた質感のギターを1本は欲しくなるものですよ