ギターのえらびかた.com

※当サイトはプロモーションを含みます。

ギターの歴史

スポンサード リンク

ギターの歴史

ギターは独奏、グループ演奏、ラテン音楽などで含まれている世界的な楽器で有名です。その起源の歴史はエジプトのピラミッドの壁画、中国の現代でも使用している二胡に見る事ができますが有力な定説はありません。

ギターの始まりは冠婚葬祭に用いられたのではないかと思います。冠婚葬祭は人が多数集まり祝辞や悲しむことができます。その席で音楽等を演奏した事は人類歴史の世界で行われています。

楽器の始まりは太鼓

楽器の初期はアフリカの打楽器であります太鼓が最初という事です。手を為す太鼓の初期は打ち鳴らすだけに使用していましたが文明の音楽の進化で管弦楽で使用されるようになっています。

太鼓の楽器でも役割はリズム鳥の楽器ですので、青の音だけでは単純な音となり、音楽をそう出る事は出来ませんが管弦楽では主を為しています。

ギターの最初は弓の1本の弦ですが糸を貼る事で音がします。長い弓では音がほとんどしませんが短い弓ですと弦がはじいて音がします。子供の頃、湯無を作れば音を鳴らす事がありましたので多くの人は経験済みです。それがギターの基本的な音色という事です。現代の弦の本数はヨーロッパのクラシックギターが最初で4本、5本から始まり、その後、現代の6弦に定着しました。

スポンサード リンク

クラシックギターの特徴は丸い切こみがない事です。その後、ジャズギターの発想で丸い切込みが入り、音響効果を更に発展したという事です。現代はジャズギターの方が頻繁に音楽家や演奏家で使用されています。

ギターでよく使われる弦の種類

弦の種類はナイロン製とスチール製があります。ナイロン製は夏になりますと伸びやすく音色に様々な音になりますので音楽としては向きませが小さくした楽器のウクレレではナイロンを使用入ています。スチール製は気温に関係なく年中一定の音色を保つことが出来ますので楽器の音合わせに道要られるピアノの弦にも使用しています。現代ではギターの弦はスチール製を使用しています。

しかし長時間演奏しますと指が痛くなりますので指保護のピックを使用します。ギターの構造と材は音量の増幅をするボデイー、音程を容易にするネックで成り立っています。其の上に6本の弦がありネジ近くで弦ンを押す事で音は高くなります。

また下から上方に指を当てる事で音階を奏出ることが出来ますので様々な音楽を演奏する事ができます。まら胴は空洞になっていますので叩けば太鼓のように響くことから独奏の演奏家により胴を叩いて更に音楽効果を出す人も見られます。近年では音の効果をスピーカーに代え、更に音量を上げるという手法のエレキギターで観られるようになりました。

スポンサード リンク

関連記事一覧

関連ギター一覧

  • FENDER Jimmie Vaughan Stratocaster

    ファビュラス・サンダーバーズのギタリストとして、またはブルースギタリストとして、さらにはスティー

  • PLAYTECH PTRS WOOD

    今回はリゾネーターギターと呼ばれている特殊なギターを紹介してみたいと思います。ギターは大きく分け

  • MORRIS M401

    1967年に創業したモーリス。信頼の国内メーカーとして、多くのギター愛好家に長く親しまれています

  • GIBSON 1963 ES-335 Block Reissue Faded Cherry

    通称セミアコとして知られており、IbanezやYAMAHAと言った大手メーカーもコピーモデルを販

  • FENDER Danny Gatton Signature Telecaster

    「無名であるが偉大なギタリスト」と称され、カントリー、ブルース、ジャズ、ロカビリー等を弾かせると

  • TOKAI ALS55

    「エレキギター」 と聞いて、あなたはどんなフォルムのギターを想像するでしょうか?ストラトキャスタ

  • SQUIER Classic Vibe Tele Custom

    抜けが良くて、なおかつ芯のある太いきらびやかなギターサウンドが欲しいのであれば、間違いなくテレキ

  • CARVIN HH1

    数々のギターを所有しているギターコレクターのようなギターマニアをたまに見かけることがあります。プ

  • FENDER David Gilmour Stratocaster Relic

    初心者のうちはエントリークラスのエレキギターからスタートするギタリストが大半を占めると思います。