ギターのえらびかた.com

※当サイトはプロモーションを含みます。

弦クリーナー

スポンサード リンク

弦クリーナーとは弦の汚れを落とすのと、ギターを弾く際に弦が滑るようにする効果があります。ライブに行かれる方で、ステージの端でギターのチューニングなどをしているローディーがネックにスプレーを吹きかけている光景を観たことある人もいるのではないでしょうか。まさにそれが弦クリーナーです。

弦クリーナーは何のために使うのか?

なぜ弦の汚れを落とさないといけないかと申しますと、弦はサビなどが発生しやすく、手の油や汗が弦についたままですとサビにつながり劣化の原因になります。劣化が進むということは、弦が切れやすくなったり、チューニングがあわなくなったりします。ですので、コマめに弦を拭いてあげると良いでしょう。

また、汚れとは別で、ギターを弾く時に弾きやすくする効果があるのですが、なぜ弾きやすくなるかといいますと、弦をクリーナーではなく、ただ水拭きでやった場合と比較するとわかりやすいのですが、
クリーナーは滑りを良くする為の成分が入っていますのでスライドがしやすくなります。弦クリーナーの種類は年々増えており、液状のものから、スプレー、固形タイプまで幅広くあります。

スポンサード リンク

ストリングクリーナーとは?

最近ではストリングクリーナーという大変便利なものがあり、ストリングクリーナーは、弦を緩めて、弦の下と上で挟みこむような形で拭くことができるもので、かなり綺麗になります。弦クリーナーの色んな種類を試してみて、液状のものはどうしても垂れたりしてしまい、あまり使い勝手はよくないでしょう。固形タイプのものはと言いますと、どうしても固形ですのでクリーニングする時にムラが出来てしまうという点があります。

一番のオススメはやはりスプレータイプでプロの方々もスプレータイプを愛用している方は多いです。
なぜスプレータイプが良いかと言いますと、スタジオや自宅での練習の時は、さほど急いでやることはないですが、ライブとなるとそうも言ってられず、時間の勝負になるので、急いですぐに拭き取れるスプレータイプが適しています。2時間のライブなどでローディーなどは何十回とネックを拭くことをするのでスプレーでないと対応しきれません。

弦クリーナーで気をつけないといけないのが、ネックについた液も綺麗に拭き取らないといけません。ネックについたままの状態を何度もやっていると、フレットの部分にホコリと油が固まってしまい演奏にも支障がでてきます。弦の交換などをする時は、一度フレットの汚れを綺麗してあげることをオススメします。

スポンサード リンク

関連記事一覧

関連ギター一覧

  • FENDER Todd Krause/Eric Clapton Stratocaster

    世界的に有名なギタリストとして常に名前が上がるのは、ジミーペイジやジミヘンドリックス、イングウェ

  • DEAN ZELINSKY TAGLIARE LIMITED

    エントリークラスの価格帯で本格的なギタープレイを実現させてくれるDEAN ZELINSKYのTA

  • FENDER Jim Root Jazzmaster

    オルタナティブメタル界で圧倒的な人気を誇っているバンドといえばslipknotだと思います。そん

  • CARVIN BOLT-T

    フェンダーギターやギブソンギターのようなスタンダードなギターを通り過ぎたギタリストは、違うメーカ

  • ARISTIDES 020

    ストラトキャスターやレスポールカスタムのようなオーソドックスなエレキギターというのは古い時代から

  • SQUIER Classic Vibe Tele Custom

    抜けが良くて、なおかつ芯のある太いきらびやかなギターサウンドが欲しいのであれば、間違いなくテレキ

  • PLAYTECH EC600

    今回はPLAYTECHからエレクトリックガットギターEC600を紹介してみたいと思います。PLA

  • GIBSON Les Paul Custom

    1954年に発売されたGIBSON Les Paul Custom。一旦は1960年に生産中止と

  • SCHECTER PA-LS/TK

    SCHECTER PA-LS/TK は「凛として時雨」のギター・ボーカル担当TKのシグネイチャー