ギターのえらびかた.com

※当サイトはプロモーションを含みます。

ダブルネックギター

スポンサード リンク

ダブルネックギターは2本の音色の違うギターが1本になっているもののことを言います。基本のダブルネックギターは6弦と12弦の組み合わせが多く、ギターを持ち変えることなく弾くことができるのが特徴です。

少し重たいダブルネックギター

かなり昔からあるギターで、今では6弦のギターと4弦のベースの組み合わせや、6弦ギターとマンドリンなど色んな組み合わせがあります。ダブルネックギターは通常のエレキギターに比べてかなり重い為、慣れていない人だと肩が痛くなります。2本をいっぺんに抱えることになるので、6弦の下のギターでもけっこう弾きこなすまで時間が掛かります。

音楽のジャンルで12弦のギターを使用するジャンルといえばハードロックが有名ですが、現在では色んなジャンルで活用されています。ダブルネックギターはエレキだけではなく、フォークギターなどでもあります。最近ではあまり観る機会が減ったと思いますが、その理由としてエフェクターなどで12弦の音色に替えられる為、2本を持つより、エフェクターで音を替えた方が簡単にかえられるからです。エフェクターの種類が現在ではかなりの数がでている為、色んな音色に替えることができ、

スポンサード リンク

昔から愛されるギター

ギターでウクレレやマンドリンなど、ほぼすべての弦楽器を再現することが可能です。
しかし、時代が進化してもダブルネックギターは今でも固定のファンには愛されているギターです。存在感がある楽器ですので、ステージの見ごたえもありますし、最近ではベースとギターの組み合わせを観ることがあります。6弦のギターばかりを弾いていた人にとって12弦は少し練習が必要です。またダブルネックギターの12弦の場合、胸の高さに弦があるので、かなり難易度があり弦の抑え方などは6弦とかわるところはないですが、2本の弦を同時に抑える為結構握力が必要です。

ダブルネックギターの一番シンプルのものは横並びにくっついている感じですが、一風変わったもので、左右対称になっていて、左右対称のギターを指で同時にタッピングして演奏しているミュージシャンもいます。やはりそのミュージシャンもヘビメタ系の方ですが、やはりパフォーマンスをする時に持ってこいのギターなんだと思います。ダブルネックギターでSGタイプのものが有名ですが、ストラトタイプのものや、日本で有名なアルフィーの高見沢モデルも存在します。

ほとんどの楽器屋に言っても観る機会の少ない商品ですが、楽器屋で見つけた時は是非一度手にしてみてください。

スポンサード リンク

関連記事一覧

関連ギター一覧

  • PLAYTECH EAC-100

    驚異の価格帯でコストパフォーマンス抜群のアコースティックギターが届きました。アコースティックギタ

  • CARVIN BOLT-T

    フェンダーギターやギブソンギターのようなスタンダードなギターを通り過ぎたギタリストは、違うメーカ

  • YAMAHA JR2

    このギターは通常のギターよりも少し小さいギターですね。小さいといってもものすごく小さいウクレレの

  • GIBSON Les Paul Custom

    1954年に発売されたGIBSON Les Paul Custom。一旦は1960年に生産中止と

  • FENDER Custom Artist Jeff Beck Strat

    Jeff beckといえば世界的に大活躍しているギタリストの代名詞と言っても過言ではないでしょう

  • FENDER Kurt Cobain Jaguar

    「FENDER Kurt Cobain Jaguar」はFender Mexicoより販売されて

  • ARISTIDES 060

    ARISTIDES 060はオランダのギターメーカーARISTIDES社が製造しているギターで、

  • AXL GUITARS AL-1080

    初心者から中級者にかけて、エントリー価格でありながらも完成度の高いギターを次々と届けてくれること

  • ARIA AGU-160

    この機種はいわゆる「ギタレレ」という物ですね。ウクレレサイズのボディーやネックに弦が6本張れるよ