ギターのえらびかた.com

※当サイトはプロモーションを含みます。

GIBSON J-45

スポンサード リンク

メーカー
種類
タイプ
トップ ソリッド・スプルース
サイド/バック ソリッド・マホガニー
スケール 628.8mm(24-3/4")
指板/ブリッジ ローズウッド
ネック マホガニー

1942年に販売されたJ-45。発売当初が45ドルと言う事で名前が付きました。

Gibsonの王道ギター

L5やES-150と言ったブルースサウンドに合うギターが誕生する中で、今でもアコースティックギターのスタンダードでJ-45がGibson社から生産されているのはルックスは勿論、サウンドも様々なジャンルにマッチするからでしょう。塗装も豊富で、王道と言われるのがよく見かけるサンバースト。黒のピックガードが良い味を出しており、日本のミュージシャンで愛用している事で有名なのはサザンオールスターズの桑田佳祐さん、セロリなどを手がけた山崎まさよしさん、フォークロックの大御所の吉田拓郎さんと言った大御所ミュージシャンがライブで使用しており、テレビなどで見かけた方も多いハズです。そこから同じギターを使用したい!と思い購入した方も多く、若手ミュージシャンの中でも圧倒的に使用率が高いと言われています。

次に多く見かけるのはブラックに白のピックガードタイプ。こちらを使用しているのは中高生や若い世代にも人気の有るロックバンド「バンプオブチキン」のフロントマン藤原基央さん、歩いて帰ろうやずっと好きだったと言ったヒット曲を生み出した斉藤和義さんなどロックンロールが似合うミュージシャンが好んで使用しており、色以外にも特徴的なのがサドル部分がノーマルでは無くアジャスタブルサドルになっている事も多いです。サウンドの違いとして感じたのは、サンバーストなどに付けられているノーマルサドルはパワフルさを感じられますが、アジャスタブルサドルに関してはジャラジャラ感、一つ一つのサウンドが繊細に聞こえるのです。そのサウンドの好みでも色や仕様を選ぶ方も多いので、J-45が今でも人気がある要因の一つになります。

有名ミュージシャンも多数使用しているギター

その他にもなかなか見かける事は少ないものの、レッドやブルーと言った塗装を施した物も有ります。レッドに関してはユニコーンの奥田民生さんがソロライブ時などにライブで弾きながら歌う事も多いですね。海外のミュージシャンではLady antebellumのデイヴ・ヘイウッドも使用しています。ブルーに関してはここ数年で見かける事が多くなりましたが、ルックス面ではキュートな雰囲気が良いですね。女性シンガーソングライターの方にピッタリです。楽器店や中古店などでも多く取り扱っており、初めてのGibsonギターを購入する場合はアンパイとも言える王道シリーズでも有ります。

スポンサード リンク

関連記事一覧

関連ギター一覧

  • FENDER CF-60

    ロック、アイドルソング、ジャズ、ラテン、フラメンコ、フォーク、EDMなどあらゆる音楽ジャンルで聞

  • GIBSON Les Paul Custom

    1954年に発売されたGIBSON Les Paul Custom。一旦は1960年に生産中止と

  • MORRIS M401

    1967年に創業したモーリス。信頼の国内メーカーとして、多くのギター愛好家に長く親しまれています

  • PLAYTECH EAC-100

    驚異の価格帯でコストパフォーマンス抜群のアコースティックギターが届きました。アコースティックギタ

  • SQUIER Classic Vibe Tele Custom

    抜けが良くて、なおかつ芯のある太いきらびやかなギターサウンドが欲しいのであれば、間違いなくテレキ

  • FENDER James Burton Telecaster

    チキン・ピッキングというギタープレイで有名な、ジェームスバートン。10代の半ばからプロミュージシ

  • FENDER Kurt Cobain Jaguar

    「FENDER Kurt Cobain Jaguar」はFender Mexicoより販売されて

  • YAMAHA Pacifica212VQM

    エントリークラスのエレキギターといえば価格帯がリーズナブルなかわりに音色のクオリティーは今一つな

  • FENDER Custom Artist Jeff Beck Strat

    Jeff beckといえば世界的に大活躍しているギタリストの代名詞と言っても過言ではないでしょう