ギターのえらびかた.com

譜面台

スポンサード リンク

譜面台

譜面台は音楽の曲を紙面に利用していますので曲を覚えるのに楽器に合わせる必要があります。音楽演奏には独奏、合同演奏の管弦楽のオーケストラ、吹奏楽があります。独奏でも曲を記憶する必要がありますが未だ覚えられない譜面のページがある事で、その場所を無音にする事で聴く側の客は不快感になります。

譜面台は楽器の合わせて

音楽では特に独奏の場合は注意を要します。合同演奏では不快な音を出さない限り演奏が不確実な個所の演奏を止めても、聞く側には大した問題ではありません。その理由に同じ楽器を数台使用しています。

各楽器は曲の各部分を演奏しています。各楽器を演奏する場所は屋内が哺四度です。吹奏楽では屋外の体育祭などで演奏します。その曲を練習するには譜面を見るための譜面台が必要になります。

譜面台は現代ではスチール製の折り畳みが可能で譜面台を入れる袋が準備されていますが譜面台のいれものであります袋を利用するのは独奏者あるいは屋外の演奏に限っています。但し、学校の体躯際などでは譜面台を入れる袋を使わずに、そのまま指定する場所に仕舞っています。

スポンサード リンク

譜面台を使用していますが各楽器の演奏者が曲を記憶するためにありますが音楽を聴く人にとっては素晴らしく目に映るようです。音楽の曲を記憶するために各楽器の演奏者は譜面台を仁美して、それに楽譜を乗せて音楽の進行に合わせてイメージを捲ります。そのように使用する楽譜台です。

曲を記憶するための譜面台に

上下稼動の自由な楽譜台が無ければ曲を記憶する事が出来ませんので演奏者は毎日、曲の楽譜を見て演奏し、記憶するようにしていますが毎日練習をすれば楽譜台を必要としないで曲を記憶する事が出来ます。

私も学生の頃は吹奏楽のドラムスの経験がありましたが初期の頃は音楽の曲を演奏するのに曲を記憶する事が出来るのかという疑問を抱いたことがありましたが毎日の放課後の練習で曲全体を覚える事が出来ます。オーケストラの演奏で譜面台を準備していますが殆どの演奏者は譜面が無くても演奏する事ができる程度までになっています。

譜面があれば、どんな音を出すことが出来るかを支持していますので、演奏者の中に音を出すのに不安がある人だけが譜面を見て確実な音を出しています。学校の吹奏楽では偶に変な音を出す人がいますがプロのオーケストラでは変な音をだすひとは1人もいません。練習をして記憶をするための楽譜台です。変な音を出さない事がアマチュアとプロフェッショナルの違いではないかと思います。

スポンサード リンク

関連記事一覧

関連ギター一覧

  • YAMAHA GL1

    世界でギターは多数ありますが本日紹介する楽器はクラッシクでナイロン弦のギターの「ギタレレGL1」

  • MORRIS M401

    1967年に創業したモーリス。信頼の国内メーカーとして、多くのギター愛好家に長く親しまれています

  • SQUIER Affinity Tele

    Squire Affinity Series Telecaster はベーシックなテレキャスター

  • DEAN ZELINSKY TAGLIARE Z-GLIDE CUSTOM

    ギタリストがギターを演奏している上で気になるポイントとして代表的なのはスムースなポジションチェン

  • PLAYTECH ST250II

    1万円でおつりがくるギターですが、このギターは値段以上の価値があると思います。今回はピックアップ

  • FENDER Sergio Vallin Signature Guitar

    様々なギターメーカーからシグネチャーモデルがリリースされています。憧れのギターリストのシグネイチ

  • FENDER Starcaster

    フェンダーのスターキャスターはギブソン社からすでに発売されていた「ES-335」機に対抗してつく

  • FENDER American Deluxe Telecaster

    American Deluxe Telecasterに採用されたCompound Radius

  • GIBSON 1963 ES-335 Block Reissue Faded Cherry

    通称セミアコとして知られており、IbanezやYAMAHAと言った大手メーカーもコピーモデルを販