ギターのえらびかた.com

※当サイトはプロモーションを含みます。

BURNY RLG-55 2009 Vintage Lemon Drop

スポンサード リンク

メーカー
種類
タイプ
ネック マホガニーセットネック
ボディ メイプルトップ+マホガニーバック
指板 ローズウッド、22フレット
ピックアップ FVH2002×2
コントロール 2ボリューム、2トーン、3WAYトグルスイッチ

FERNANDES BURNYブランドのレスポール・スタンダードタイプのギターです。

ヘッドがレスポールタイプ

レスポールの廉価版というとEpiphoneのレスポールが真っ先に思い浮かびます。EpiphoneはGibsonの傘下の会社なので安心感がありますが、ヘッドの形状が独特で「これは本物ではありませんよ」と主張しているようでなにか違和感がありますよね。

その点、このBURNYのRLG-55はヘッド形状がレスポールに似ているのでカッコいいです。正直な所、ヘッドを遠目に見るとGibsonかどうか判断がつきません。

ヘッドのLesPaulの文字が・・・・よく見て下さいね、Super Grade なんです。凄いですね。パット見でLesPaulにしか見えないのにSuper Grade。なんというカラクリなんでしょうか。

レスポール・スタンダードの雰囲気

おそらく木目シートだと思いますがボディ表面のトラ目が美しい仕上がりになっています。ボディ、ネックにバインディングも入っておりレスポール・スタンダードの雰囲気を再現しています。

通常のレスポールに比べるとボディが軽いので扱いやすいです。初心者の方、女性にもおすすめです。(ウエイトリリーフかチェンバーボディか木材によるものなのかはカタログには明記されていません)

最近では良い木材が減っており本家のGibsonでさえ重すぎる木材の中をくり抜いて軽くする加工(ウエイトリリーフ)を行っています。

サウンドについてはボディが軽いせいなのかピックアップの個性なのかはわかりませんが高音域が強くブライトなトーンになっています。Gibsonのレスポール・スタンダードのようなずっしり感はないですね。

レスポールタイプの初心者におすすめギター

見た目のレスポール度は非常に高いので「レスポール似の安いギターがほしい」という方におすすめのギターとなっています。反面ボディの軽さも影響して本家のレスポールとは音の傾向が少し違うので注意しましょう。

最近では本家のGibsonも廉価なレスポールモデルを販売していますが、レスポール・スタンダードとは全く色や仕上げが違っています。レスポール・スタンダードに似たデザインが良ければこのBURNY RLG-55を選ぶほうが満足度は高いかもしれません。

スポンサード リンク

関連記事一覧

関連ギター一覧

  • FENDER 1951 NoCaster Relic

    外見はTelecasterにそっくりなnocaster。今でこそフェンダー社から"nocaste

  • ARIAPROII PE-512

    ボディの美しい模様がなんとも魅力的!ギタリストの所有力をくすぐられてしまうARIAPROIIのエ

  • FENDER Rory Gallagher Tribute Stratocaster

    現代でも根強いファンを持っているアイリッシュブルース。そんなアイリッシュブルースで伝説的なシンガ

  • GIBSON 1959 Lespaul 50th Anniversary Cherry Sunburst

    世界中のギターリストの憧れのメーカーといえばGIBSONです。GIBSONギターといえば、やはり

  • CARVIN CT624T

    「CARVIN CT624T」はアメリカのギターメーカーCARVIN社が製造しているギターです。

  • PLAYTECH ST250II

    1万円でおつりがくるギターですが、このギターは値段以上の価値があると思います。今回はピックアップ

  • MORRIS M-80

    MORRISM-80は限定生産されていたM-80Ltd.のレギュラー生産されたものになります。レ

  • PLAYTECH TL-500

    TL-500 PREMIUMには通常のテレキャスと同様のシングルコイルピックアップを搭載したTL

  • FENDER David Gilmour Stratocaster Relic

    初心者のうちはエントリークラスのエレキギターからスタートするギタリストが大半を占めると思います。