ギターのえらびかた.com

※当サイトはプロモーションを含みます。

セミアコースティックギター

スポンサード リンク

セミアコースティックギター

セミアコースティックギターはボディが空洞になっているものを指します。空洞になっているものの中でも大きく分けて、フルアコアコースティックギター、セミアコアコースティックギターに分けることができます。

セミアコとフルアコとの違い

違いとしてはセミアコースティックギターはフルアコースティックギターに比べてボディが薄いことが特徴です。ボディが薄くなることで音の鳴り方が変わってきます。特徴として、ほとんどのボディにfホールの穴が空いており、その穴が空くことで、ボディ内部の共鳴の仕方が変わります。

セミアコースティックギターはフルアコースティックギターに比べて、弾きやすいのと、多彩なジャンルに対応できる点が一番の特徴です。ボディが空洞の場合、アンプを通して音を鳴らす時にハウリングすることがあり、結構、音の調整が難しいのですが、セミアコースティックギターの場合はエフェクターなどを掛けても、あまりハウリングすることが少ないです。

スポンサード リンク

フルアコースティックギターですとボディが大きい為、どうしてもハウリングすることが多く、色んなジャンルで使うにはあまり使いがってがよくありません。セミアコースティックギターですと、ポップ、ロック、パンク、ジャズ、ヘビメタなど色んなジャンルのアーティストが使用しています。使用されるということは、やはり使う際の調整がしやすいからだと思います。

セミアコで人気のメーカー

今では色んなギターメーカーからセミアコースティックギターはでており、アーティストに人気が高いのは、ギブソン、グレッチが多いですが、セミアコースティックギターで一番知られているギターはギブソンのES-335です。

ES-335は弦高もあまり高くなく、弦交換も箱物ギターでは一番取り換えが簡単ですし、重さもさほど重くないのが人気の点です。セミアコースティックギターは初心者からみると結構難易度が高いギターのように思えますが、通常のエレキギターとほとんど変わりません。しかし、ギターの特徴をいかしたい場合は、やはりジャンル的にいうと、あまり歪ますことがない曲の方があっていると思います。

1950年代のロックンロール音楽などシンプルな曲で使っている楽曲を聴くと、セミアコースティックギターの良さが存分にわかります。やはり通常のエレキギターとは違って音の膨らみ方が違うので、音の広がりがあり、空間に音を響かせる感じがあります。ギターを弾いている人であれば一度はセミアコースティックギターを使ってみることをオススメします。

スポンサード リンク

関連記事一覧

関連ギター一覧

  • MORRIS M401

    1967年に創業したモーリス。信頼の国内メーカーとして、多くのギター愛好家に長く親しまれています

  • MORRIS F-90

    MORRIS F-90はMORRIS社が製造しているアコースティックキターで、同社が展開している

  • GIBSON 1959 Lespaul 50th Anniversary Cherry Sunburst

    世界中のギターリストの憧れのメーカーといえばGIBSONです。GIBSONギターといえば、やはり

  • TAYLOR 312CE

    ここ数年で世界中のミュージシャンから愛用される事が多くなったTaylorギター。日本ではギター奏

  • PLAYTECH TL-500

    TL-500 PREMIUMには通常のテレキャスと同様のシングルコイルピックアップを搭載したTL

  • GIBSON 1963 ES-335 Block Reissue Faded Cherry

    通称セミアコとして知られており、IbanezやYAMAHAと言った大手メーカーもコピーモデルを販

  • GIBSON Sheryl Crow Southern Jambo Standard

    海外では大人気の女性シンガーソングライター「シェリル・クロウ」。最近では自動車のcmでも彼女の歌

  • FENDER Custom Telecaster FMT HH

    かつてセイモア・ダンカン氏が改造した「テレギブ」をFender自らが作ったとも言えるSPECI

  • ARIAPROII PE-512

    ボディの美しい模様がなんとも魅力的!ギタリストの所有力をくすぐられてしまうARIAPROIIのエ